絵本の部屋

022-33.png

子どもの情緒を豊かに育てる絵本。

親子との絆をつくりあげる絵本。

大人だって勇気をもらえる絵本。

絵本はいつだって全ての人にとって素敵な贈り物。

絵本に関係する情報を発信していきます。

022-33.png

●2019/6/11

先月、メジロの子どもが神様のところへと旅立ちました。

このメジロが発見された時には、すでに身体中に蟻がたかっており、かなり衰弱した状態でした。

どうやら巣から落ちたようです。

メジロにはまだ飛ぶ力がなく、巣に戻ることができなかったのです。

拾い上げ、年長の子どもたちと懸命に介抱したものの、その夜召されました。

年長の子どもたちが「ピークル」と名付けたこのメジロのお墓をつくり、賛美歌をうたい、祈って埋葬したことはすでに「日々のあゆみ」の中でも報告しています。

 DSC_1372.JPG

昨日まで、水を飲んで動いていたピークルが、ほんの少しも動かない。

小さな子どもたちに「死」とはどういうことなのか、静かに語りかけました。

私たちの世界には、悲しいこと、恐ろしいこと、理不尽なことなどがあって、それをどう受け止め、どう乗り越えていくか。

常にキラキラでハッピーエンドだけではない私たちの現実を、絵本が教えてくれます。
今月の絵本の花束は、「読書がもたらす最大の効果」についてです。

pdf 絵本の花束5「読書がもたらす最大の効果」.pdf (0.6MB)

 無題.png

●2019/5/16

「ほら、ほら、ちゃんとしなさい」、

「これ、これ、いい子にしなさい」。

このような声掛けの中にある、「ちゃんと」や「いい子」とは何かが、案外明確ではなく、「親にとって都合の良い子」に育てようとしているのではないかと、思うことはないでしょうか。

今月の「絵本の花束」は、「いい子」について、考えさせられる絵本の紹介です。

pdf 絵本の花束4「たろうのおでかけ」.pdf (0.66MB)

 無題.png

 

●2019/4/2

鎌倉には美味しいパン屋さんがたくさんあります。

聞くところによると、全国でも鎌倉はパン屋さんの激戦区なのだとか。

みなさんおススメのパン屋さん情報も、ぜひ教えてくださいね。

今回おすすめする絵本は、パン屋さんが舞台です。

pdf 絵本の花束3『マフィンおばさんのぱんや』.pdf (0.64MB)

 無題.png

 

●2019/3/4

ハリスの庭にも春の芽が。

これ、何だか分かりますか?

ふき1.jpg

 

答えは、蕗のとうです。

ふき2.jpg

蕗のとうにまつわる絵本をご紹介いたします。

絵本の花束2『ふきまんぶく』

田島征三文絵( 偕成社 )1973年3月

紹介文は、以下のURLをクリックしてください。

pdf 絵本の花束2「ふきまんぶく」.pdf (0.68MB)

 

●2019/3/1

絵本の花束1『うさぎ うさぎ なにたべてるの』

松野正子作・大沢昌助絵(福音館書店)1983年

紹介文は、以下のURLをクリックしてください。

pdf 絵本の花束1「うさぎ うさぎ なにたべてるの」.pdf (0.76MB)